×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

foo_pod.dllの使い方

〜foobar2000でiPodを使う〜 細々と日本語化もやってます

listmark iPodにプレイリストを転送する

とりあえず、iPodに曲を転送してみましょう。

iPodに転送したいプレイリストを作成します。
(shuffle等は512MBなどの合計ファイルサイズに気をつけて)

次に、Components→foo_pod の赤枠の部分のどれかを選択します。
foo_pod.dll Sendメニュー

これで、iPodにプレイリストの曲が転送されます。

listmark 「Current」 と 「All」 の違い

Current : 現在フォーカスが当たっているプレイリストが対象
All : foobar2000内のプレイリスト全体が対象

listmark 「Send」 と 「Sync」 の違い

Send : iPod内の曲は消さずに、iPodにない曲を加える
Sync : iPod内とfoobar2000のプレイリストを同期させる
    (プレイリストに存在しないiPod内の曲は削除される)

listmark iPodに選択した曲を転送する

プレイリストで選択中のファイルのみを転送することもできます。

プレイリストの中から、転送したい曲を選択し、右クリックメニューの「Send files to iPod」を選ぶ。
(複数選択可能)

foo_pod.dll Send files to iPod

listmark iPod中の曲を削除する

iPod中にある希望のファイルを削除することができます。

Components→foo_pod の「Load iPod Songs To Foobar2000 Playlist」

foo_pod.dll Load iPod Songs To Foobar2000 Playlist

とすると、iPod内にある曲がfoobar2000に展開されます。
展開されたプレイリスト中の削除したい曲を選択して、右クリックメニューのfoo_pod→「Delete Files From iPod」を選択すれば、削除されます。

listmark  abokadoro#gmail.com
    (ご連絡は、#を@に換えて御送信ください)

copyright © 2005-2009 foo_pod.dllの使い方 all right reserved